[宅建]過去問解説 Kindle版を発刊

平成26年度宅建本試験解説商品サムネール
今年度(平成28年度)の本試験解説ですが、このサイトでの公開、DVDの発売に続いて、本日、電子書籍Kindle版を発刊しました。
価格は、超特価の270円

当社の書籍は、Kindle Unlimited(読み放題)の対象になっていますから、
このサービスを御利用の方は、追加費用ゼロでお読みいただけます。

内容

基本的な内容は、今までの年度(平成20年~27年版)と同じです。
類書と異なる以下の点が特徴です。

ビジュアルな解説(図表)が大量に入っている。

%e5%95%8f04%e8%a6%8b%e6%9c%ac「文章を読むだけでなく、図を描いて考えろ。」という講師は大勢います。
「表形式で整理して覚えよう。」という講師も多いことでしょう。

しかし、類書を見ると、図表が全く入っていなかったり、よほど複雑な問題にしか入っていなかったり、というものが多い。。。

言っていることとやっていることが違ってはいないでしょうか。

本書では、電子書籍という形態のメリットを活かし、図と表を大量に使用しています。
ビジュアルにまとめることで、理解と記憶を容易にする、このテキストの一つ目の特長です。

類似過去問の分析が丁寧になされている。

%e5%95%8f30%e8%a6%8b%e6%9c%ac

「過去問が重要である。」
「頻出の項目が、今後も繰り返し出題される。」
というようなことは、大抵の講師が言うことです。

しかし、類書を見ると、これらの観点があまり活かされていないものが主流。。。
過去の出題は、せいぜい「平成23年出題」などと出題年度が示されているだけ。平成23年の第何問なのかを調べ、その問題が載っている本を探せというのでしょうか。
受験生は、忙しい。そんな面倒なだけの作業は、受講生ではなく、講師がやっておくべきです。

といことで、私がやりました。

本書では、平成に入ってからの全問(現段階までで28年分)の過去問を徹底的に分析し、類似過去問を整理した表を掲載しています。さらに、その表からのリンクで、実際の類似過去問を見ることも可能です。

「この項目が出るといつも間違える。」
「いつまで経ってもアイマイなままだ。」

そんな苦手項目を克服するためには、
「類題を集中的に解く」
ことが、何よりの解決策です。
「類似過去問」の表とリンク機能を縱橫に活用し、弱点を克服して下さい。

「問題編」(本試験スタイル)もあります。

%e5%95%8f%e9%a1%8c%e7%b7%a8%e8%a6%8b%e6%9c%ac

Amazonでのコメントに、要約すると、いかのようなものがありました。
「問題と正解番号が同じページに掲載されているので、つい見てしまう。自分で解く楽しさがない。」

しかし、これは誤解です。

本シリーズには、「問題&解説編」と「問題編」の2つのパートがあります。
このうち、「問題編」は、本試験と同様に問題のみを並べたもので、正解番号を見ることができません。
(もちろん、「解説」のリンクをクリックすれば、解説ページに進むことができます。)

正解番号が見えると困る方、本試験のシミュレーションをしたい方は、まず「問題編」を御利用下さい。

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]平成28年度本試験の合格発表

本日(11月30日)、宅建本試験の合否と実施結果の概要が発表されました。 実施状況は以下の通りです。 【出所】 「平成28年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」(不動産適正取引推進機構) http://www.retio.or.jp/exam/pdf/result.pdf
全体 登録講習修了者
申込者数 245,742人 49,384人
受験者数 198,463人 44,123人
合格者数 30,589人 8,821人
合格率(倍率) 15.41% 19.99%
合格点 35点(50問中) 30点(45問中)

結果のまとめ

続きを読む
カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]宅建過去問解説DVD 13年分セットを発売中!

平成16年度版からコツコツ作成してきた「宅建解説DVD」。
今年度(平成28年)で13年目となりました。

新年度版の発売を記念し、13年分の教材をセット教材として販売しています。
(DVD26巻&CD1巻)

このセット教材、本来であれば、
1,944円×13=25,272円(税込)
のところ、
19,440円(税込)
で販売しています。
(12月22日(木)までの期間限定)

この機会をお見逃しなく!
■ビーグッド教育企画のWebストア


続きを読む

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]平成28年本試験問題解説DVD発売!

たいへんお待たせしました。
今年度(平成28年)宅建本試験問題の解説DVDが完成、販売を開始しました。
定価1,944円(税込)の教材ですが、現在、発売記念特価1,620円で販売しています(12/22まで)。
■ビーグッド教育企画のWebストア


続きを読む

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[商品案内]宅建過去問解説DVD 13年分セット

平成16年度から28年度まで(13年度分)の解説DVDと解説冊子のセット商品です。
この商品は、12月22日(木)まで、期間限定の特別価格で販売いたします!

通常価格
1,944円×13(年度分)=25,272円(税込み)
特別価格
19,440円(税込み)
特別価格は、通常価格10年度分のお値段です。
続きを読む
カテゴリー: 商品案内 | コメントする

[商品案内]平成28年度 宅建本試験解説

平成28年度の宅建本試験の解説です。
宅建試験合格11回という実績と経験を誇る家坂講師が、本試験の全問を分かりやすく、軽快に解説します。
この商品は、12月22日(木)まで、期間限定の特別価格1,620円(税込み)で販売いたします!

【商品構成】DVD2巻及びCD1巻

第1巻
DVD(1時間59分) 権利関係、法令上の制限、税・その他
第2巻
DVD(1時間54分) 宅建業法、免除科目
第3巻
CD 解説冊子を収録 (PDFファイル、127ページ)
続きを読む
カテゴリー: 商品案内 | コメントする

[宅建]平成28年本試験 全問の動画解説を公開しました。


平成28年度の宅建本試験について、動画による解説の公開を進めてきましたが、
昨日、ようやく全問を公開することができました。

当社のYouTubeチャンネルで、御覧いただけます。

ビーグッド教育企画のYouTubeチャンネル

動画の更新を見逃さないためには、当社のYouTubeチャンネルを登録しておくと便利です。
新しい動画が追加される度に、通知を受けることができます。

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]平成28年(2016年)本試験過去問INDEX

出題された問題の一覧です。

※「出題項目」欄のLINKから各問題(&解説)をご覧いただけます。

>>全年度の一覧に戻る

問題 出題項目 正解
問01 民法に規定されているもの 4
問02 制限行為能力者 4
問03 意思表示・対抗問題 3
問04 抵当権 2
問05 債権譲渡 3
問06 売主の担保責任 3
問07 賃貸借・使用者責任(個数問題) 3
問08 転貸借 1
問09 信義則上の説明義務【判決文の読取り】 2
問10 相続の承認と放棄 4
問11 借地借家法(借地) 1
問12 借地借家法(借家) 2
問13 区分所有法 2
問14 不動産登記法 1
問15 国土利用計画法 3
問16 都市計画法 1
問17 都市計画法 4
問18 建築基準法 1
問19 建築基準法 4
問20 宅地造成等規制法 1
問21 土地区画整理法 4
問22 農地法 3
問23 印紙税 2
問24 不動産取得税 3
問25 不動産の鑑定評価 2
問26 監督処分 1
問27 媒介契約 3
問28 8つの規制(組合せ問題) 4
問29 業務の規制(組合せ問題) 3
問30 重要事項説明・37条書面 4
問31 保証協会 4
問32 広告の規制 1
問33 報酬(個数問題) 3
問34 業務に関する禁止事項 2
問35 免許 4
問36 重要事項説明(個数問題) 4
問37 免許の基準・免許換え(個数問題) 2
問38 宅地建物取引士(個数問題) 1
問39 重要事項説明書・37条書面 2
問40 営業保証金 1
問41 業務の規制 3
問42 37条書面 4
問43 手付金等の保全措置(個数問題) 2
問44 クーリング・オフ 2
問45 住宅瑕疵担保履行法 3
問46 住宅金融支援機構 2
問47 景品表示法 4
問48 統計 1
問49 土地に関する知識 3
問50 建物に関する知識 1

>>全年度の一覧に戻る

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]【宅建過去問】(平成28年問50)建物に関する知識

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。
  2. 鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
  4. ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。

正解:1


>>年度目次に戻る

カテゴリー: 宅建 | コメントする

[宅建]【宅建過去問】(平成28年問49) 土地に関する知識

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。
  2. 花崗岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。
  3. 山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。
  4. 丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。

正解:3


>>年度目次に戻る

カテゴリー: 宅建 | コメントする